So-net無料ブログ作成
検索選択

師匠逝く [日記]

社会人の師匠というべき人が、先週亡くなられた。
その日は物凄くショックで、涙を流してしまった。
齢46、あまりに若すぎる、惜しいよ、本当に。
身近な知り合いが亡くなるなんて今まで経験がない、初めてのこと。この事態に、自分はどうすればよいか、悩んで何も出来ない、動けない、でも何か出来たんじゃないかともどかしい気持ちになる。本当に。
なんでもないいつものオフィス、今までそこに居た人が居ない。でも仕事はしなきゃならない、みんな平然と仕事をしているように見える。反発するのでもないし、思うところもない、いつもの風景。が、師匠の席にはオフィスに不似合いな花束が、そこ以外は同じなのに、そこだけ異空間なのだ。

僕の中もなんだかぽっかり穴が開いたような。
ふとしたとき、かけてもらった言葉や、出来なかったこと。怒られたときの表情、話を聞くときの柔らかな表情を思い出す。
あの時あの場では、確実に目の前に居た。でも今は居ない。
来週あたり、席に戻ってくるんじゃないかとも思う。
「お~心配かけたな、戻ってきたで♪」といって戻ってきそうなそんな人なのだ。未だ肌合いは残っている、だって若いのだ。

ぽっかりとした穴を埋めるために文章を書いている。
ブログに載せるような内容じゃないかもしれない。でもこれを埋めたい。
死者を弔うって云うのは、この世に居る僕たちが、出来ないなりにも何とか追悼したい、鎮魂したいと思うから、始まったのじゃないか。その意味を考え続けるのが、人間と動物の違いじゃないかと云うことを本で読んだ。
その気持ちは実感として今、確かにわかる。死は終わりじゃなくて、我々にとっては始まりかもしれない。

書いても埋まらない。でも書く。この矛盾したものを受けいれながら、なんらか生きていくのが目下の自分じゃないかと思う。
師匠見てますか?お前の文章は目的が明確じゃないから何が言いたいのか分からないとか、評してください。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。