So-net無料ブログ作成
検索選択

「武士道」 [読書]

国家の品格を読んで以来、日本の昔の本を読んでみたいと思っている。
読み始めたのは、新渡戸稲造の武士道

武士道

武士道

読んだ感想。
ものすごく知的な文章だ。難しいわけではなく、むしろ分かりやすい。
5千円札の氏の本を読むのは初めてなのだが、
外国の人でも分かるように、外国の有名な学者、有名な本から引用してある。
つまり新渡戸さんはそれだけ読んできたということ。
この本の出版で世界中から氏を賞賛することがあったようだが、これだけ勉強している人は、
本当に世界を探してもいなかったであろうと思った。すばらしい。

初めの方は、日本人として知っている内容でもあるので、説明がややこしく感じたが、
後半はものすごく読ませる。武士道は、形式的にはなくなるだろうが、
精神の中に残るであろうという記述は圧巻だった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。